Tune Browser 設定

Tune Browser 設定. ①「album view」で表示されるトラック右端 ・・・ 「album viewの設定. 「設定」 →「ネットワークの設定」 →「openhome対応を有効にする」・「lan i/f」(選択) これでtunebrowserをopenhome対応のコントロールアプリから操作可能になる。つまり、tunebrowserの動くpcが事実上のネットワークオーディオプレーヤーになる。

Tune Browser ジャケットイメージ from banvae.blogspot.com

Free edition のほかに, full edition があります. 「設定」 →「ネットワークの設定」 →「openhome対応を有効にする」・「lan i/f」(選択) これでtunebrowserをopenhome対応のコントロールアプリから操作可能になる。つまり、tunebrowserの動くpcが事実上のネットワークオーディオプレーヤーになる。 Tunebrowserの デコードの設定 > デコード処理 > バッファ時間(ミリ秒)を最低の10ms(0.01秒)にしてレイテンシーを稼ぎます。 初期設定は2000ms(2秒)でこれだけあればさすがに音切れはしませんが、どうしても透明感・臨場感は減ります。

Widows 7/8/8.1/10でのサウンドプロパテーの設定方法 デスクトップ画面右下のスピーカーマークを右クリックします。 「再生デバイス(P)」 をクリックします。

上記設定値 384000 hzに設定する場合は 使用する usb dac(ここではal 384ds 1.03)の出力が 384.0khz、 32ビットまで対応している場合に限ります。 wasapi の設定 赤枠内の設定 ・windowsのサウンド設定に左右されず高音質で聴くために ①「album view」で表示されるトラック右端 ・・・ 「album viewの設定. Free edition のほかに, full edition があります.

Asio / Wasapi によるハイレゾ音源、Dsd音源のネイティブ再生に対応した音質に定評のあるミュージックプレイヤーソフト「Tunebrowser」の評価とレビュー、ダウンロードや使い方を解説します。Asio / Wasapi によるハイレゾ音源、Dsd音源のネイティブ再生に対応した再生音質に…

Tunebrowserのダウンロードはこちら 「tunebrowser」はハイレゾやasio / wasapiに対応する高機能な音楽プレイヤー。mp3 / ogg vorbis / aac / wavpack /. Contents [ hide] 1 tunebrowserで再生できるdsdファイル. Free edition と full edition のちがいは以下の通りです.

「設定」 →「ネットワークの設定」 →「Openhome対応を有効にする」・「Lan I/F」(選択) これでTunebrowserをOpenhome対応のコントロールアプリから操作可能になる。つまり、Tunebrowserの動くPcが事実上のネットワークオーディオプレーヤーになる。

1 foobar2000 の代替えで操作が簡単な下記の音楽プレイヤーをお勧めします。 tunebrowser のご使用方法 最初にusb メモリーの中にありますasio ドライバー”setup_al384”か”setup_al384_w10” Tunebrowserの デコードの設定 > デコード処理 > バッファ時間(ミリ秒)を最低の10ms(0.01秒)にしてレイテンシーを稼ぎます。 初期設定は2000ms(2秒)でこれだけあればさすがに音切れはしませんが、どうしても透明感・臨場感は減ります。

Leave a Comment